• ホーム
  • インスタグラムでアフィリエイトをする方法とは?

インスタグラムでアフィリエイトをする方法とは?

インスタグラムで稼ぐには、収入源は広告料が主になります。広告収入を得るためには、インスタグラマーとして企業と契約するだけでなく、ネットショップ運営やアフィリエイトをすることも方法の1つです。アフィリエイトの手段としてはブログやメルマガがありますが、インスタグラムもフォロワーを増やし影響力をもつことで、効果的な手段となります。

アフィリエイトは、広告として宣伝する商品やサービスをいかに多く販売できるかが、収入のポイントとなります。そのためには、顧客となりうる可能性が高い人たちを集めることが最も重要です。インスタグラムは特定の人たちを集客することができるので、アフィリエイトにも活用しやすい特徴があります。

インスタグラムは投稿にハッシュタグをつけることで、フォロワーを選定することが可能です。多くの人がハッシュタグを使って検索するため、価値観や境遇など共感できるポイントが多い人を効率良く集めることができます。また、フォロワーと呼ばれる人たちは好意的であることが多く、同じコミュニティの人なので、宣伝の効果が出やすい傾向があります。

アフィリエイトは、手軽に始められるビジネスとして人気がありますが、収入を得るためには、ユーザーに商品やサービスを購入してもらう必要があります。成果報酬型の広告なので、商品のプロモーションを行うだけでは収入にはつながりません。また、その手段としてインスタグラムを利用するにあたっては、投稿自体に広告をつけることができず、商品を直接販売することはできないことも理解しておかなければなりません。

インスタグラムの投稿にはURLを記載することはできず、URLを記載できるのは唯一プロフィール欄のみです。そのため、投稿で商品を紹介・宣伝してもプロフィール欄にあるURLへリンク誘導し、そこからブログなどにいき、商品を購入してもらう必要があります。インスタグラムは集客の手段に使えますが、直接購入してもらうことはできませんので、いかにリンク誘導ができるかが重要になります。

写真投稿が主であるインスタグラムは、文章を読んでもらいにくい傾向にあります。商品を紹介する際には説明がある方が説得力があり、購入してもらいやすくなります。しかし、文章では勝負できないので、その分写真など他のところに力を入れて、商品の魅力を伝える工夫が必要です。

インスタグラムはアフィリエイトの手段として一般的なブログやメルマガと違い、販売するためには、プロフィール欄からURL、さらに別のサイトへと、誘導が必要になります。そのためには工夫が必要にはなりますが、この方法で購入のルートを作ることができれば、ネットショップの運営など他のネットビジネスにも応用が可能です。

関連記事